カナダでは職業別で待遇や年収が違うので、就職を希望する際には、自分の希望の業種の給料がどの程度なのか把握しておく必要があります。日系企業ので営業として勤務する場合、年俸で20000から35000カナダドルが一般的な額です。

 

日本円にして180万円から330万円ぐらいの範囲と考えると良いでしょう。報酬の中には、家族手当や住宅に対する補助費、交通費などがすべて含まれた額となっています。

 

営業職の場合、自社商品の取引が直接会社の利益に直結するので、成績次第では特別な報酬が加わることも珍しくはありません。

 

日系企業であっても、日本の福利厚生は適用できませんが、現地政府のあらゆる制度を利用できることが多いです。管理職の場合は、年俸で30000から40000カナダドルです。

 

IT企業のエンジニアとして働く場合は、年俸で30000から50000カナダドルが平均的となります。家族手当などはすべて含まれた額になります。

 

事務職では、企業によって幅がありますが、年俸で18000から28000カナダドルです。手当には交通費、住居手当家族扶養手当が加算され、住居などは会社が契約している安い物件を借りることができる場合が多いです。

 

基本的に、どの業種で就職しても年俸制をとっている企業が多いので、手当やボーナスなどは年俸の中に含まれていることが少なくありません。物価は日本より安いので、生活するには充分な金額だと思います。

 

自分の希望の職業がどのくらいの給与なのかしっかり理解したうえで就職活動をしましょう。